logo

第3四半期スマートフォン販売は0.4%減--ファーウェイやサムスンは好調

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2019年11月27日 11時13分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Gartnerが米国時間11月26日に公開した新たなレポートによると、2019年第3四半期のスマートフォン総販売台数は前年同期比で落ち込んだものの、華為技術(ファーウェイ)とサムスンは、販売台数を伸ばした。消費者がデバイスにより高い価値を求めていることなどが寄与したようだ。

Gartner
提供:Angela Lang/CNET

 レポートによると、2019年第3四半期のスマートフォン販売台数は前年同期比で0.4%減少した。サムスン、ファーウェイ、OPPOの3社は販売台数を伸ばしたが、Appleは10.7%減となった。

 Gartnerのシニアリサーチディレクターを務めるAnshul Gupta氏は、声明で「今日のスマートフォンユーザーが高価格帯より中価格帯を選ぶのは、後者が価格以上の価値を提供するからだ」と述べた。「さらに、5Gネットワークへの対応がより多くの国に広がることが待たれるなか、スマートフォンユーザーは購入の判断を2020年まで先送りにしている」

 第3四半期にスマートフォン販売台数を最も伸ばしたのはファーウェイで、前年同期比26%増の6580万台だった。中国企業であるファーウェイは、安全保障やセキュリティをめぐって米政府が禁輸措置を発動するなど、困難な状況が続く側面もある。

 またGartnerは、ブラックフライデーが第4四半期の消費者のスマートフォン需要を喚起すると予想している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]