logo

海外スタートアップの資金調達ランキング--ソフトバンクが22社のうち8社に投資

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォースタートアップスは11月21日、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB」において、2019年1月から9月までを対象とした「海外スタートアップ資金調達額ランキング」を発表した。


 ランキング上位22社の国籍の内訳は、米国の企業が12社と全体の半数を上回る結果となった。続いて、中国が3社、英国が2社、ロシア・台湾・コロンビア・メキシコで1社ずつランクインしている。サービス領域でみると、EC関連と自動運転関連が3社ずつと多い傾向にある。また、AIやシェアリング・ブロックチェーンなど幅広いサービス領域で活躍する企業もみられる。

 ランキング企業のうち、8社がソフトバンクまたはソフトバンク・ビジョン・ファンド(以下、ソフトバンク)が出資しているという。これら8社は、米国と中国の企業が中心だが、出資をしているシリーズの多くのケースで、ソフトバンクが主要引受先となっていたという。

 ソフトバンクはランキング上位において、4位のChehaoduoや8位のOneWebに対して10億ドル以上を出資をしている。また、2019年7月には、10兆円規模の2号ファンドの設立を公表したが、11月に目標額に遠くおよばず当初募集を終了させ、引き続き投資コミットメントを募るとしていた。

 なお、フォースタートアップスでは、日本の資金調達・時価総額ランキングも毎月発表している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]