logo

コンカー、タクシー配車サービス「DiDi」など3社と連携

佐藤和也 (編集部)2019年09月10日 11時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 出張・経費管理のクラウドサービスを展開しているコンカーは9月9日、DiDiモビリティジャパン、ディーエルジービー、エムティーアイの3社と提携することを発表。経費精算や管理のキャッシュレス化を推進する連携サービスを提供する。

 コンカーは、交通系ICカードやQRコード決済などのキャッシュレス決済や、出張・経費精算に関わる外部サービスやモバイルアプリと、コンカーの出張・経費管理クラウドソリューション「SAP Concur」を連携することで、経費利用から経費精算、その後の経費管理まで、一気通貫でキャッシュレス化することを目指している。

 今回の連携は、この構想のもとにSAP Concur App Centerの新たなサービスとして3社とのサービス連携を行い、企業で発生する経費精算・管理業務のキャッシュレス化を推進するというもの。

 DiDiモビリティジャパンは、タクシー配車サービス「DiDi」を展開。Concur Expenseに利用明細と電子領収書が自動連携される。2019年内に連携予定という。

 ディーエルジービーは、空港送迎サービス「SmartRyde」を展開。こちらもConcur Expenseに利用明細と電子領収書が自動連携される。2019年12月以降に連携予定。

 エムティーアイは、今後サービス開始を予定している、従業員が会社に申請した経費を使用できる、法人口座を利用したプリペイドサービス「FEEDER法人プリペイドカード(仮)」について、Concur Expenseに利用明細が自動連携される。2020年春頃の連携を予定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]