テクノロジで料理をよりおいしく簡単に--SKSJ 2019に見る未来のキッチン - 20/30

坂本純子 (編集部)2019年08月15日 10時00分
 すでに米国、シンガポール、香港、中東などで展開しており、価格は約10万円。使える粉は現在のところ4種類に限られるが、順次ソフトウェアアップデートが可能という。

 すでに米国、シンガポール、香港、中東などで展開しており、価格は約10万円。使える粉は現在のところ4種類に限られるが、順次ソフトウェアアップデートが可能という。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]