logo

Dropbox、ファイルを見つけやすくする「コンテンツ提案機能」--独自のAI技術を活用

佐藤和也 (編集部)2019年05月28日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dropbox Japanは、クラウドストレージサービス「Dropbox」について、必要な時に必要なファイルなどのコンテンツを見つけやすくする、コンテンツのおすすめ機能となる「コンテンツ提案機能」を、5月27日から提供を開始している。

 この機能は、アカウントのアクティビティや共有相手を学習することにより、ユーザーが探しているものを推測。ファイルやフォルダの一覧を表示する機能となっている。dropbox.comでアカウントにログインすると、画面上に「あなたへのおすすめ」という新しいセクションが表示されるようになっている。Dropboxのウェブサイトに行くだけで、作業対象のファイルがトップページに用意され、フォルダ階層を深く掘り下げたり、検索結果を1つずつ確認しなくても、すぐに仕事に取りかかることができるとうたう。

 この機能は、Dropboxが注力している人工知能技術推進プロジェクト、DBXi (Dropbox intelligence initiative)の一環として開発されたものであり、独自の人工知能技術を活用しているという。Dropboxの人工知能プラットフォームは、時間の経過とともに予測精度を高めることができるため、ユーザーがDropboxを使い込むことによって、さらに適切な候補が表示されるようになる。

 なお、プライバシーを念頭に置いて開発されているとし、おすすめとして表示されるのは、自分で所有しているか、他のユーザーから共有されている、「自分にアクセス権があるコンテンツ」のみとなっている。自分のコンテンツは、共有した場合にのみ相手におすすめとして表示されるが、共有していないコンテンツが他のユーザーに表示されることはないとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]