logo

企業向け「Google+」が「Currents」に改称

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2019年04月11日 10時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間4月10日、「G Suite」で提供している「Google+」を「Currents」に改称し、外観を改めると共に複数の新機能を導入すると明らかにした。勤務先の企業が同サービスのベータプログラムに参加すると、ユーザーのGoogle+コンテンツは自動的にCurrentsに移行される。

提供:Google
提供:Google

 Googleはこれに先立ち、4月に入って個人ユーザー向けGoogle+の削除を開始していた。ある脆弱性により、2015年から2018年3月にかけてGoogle+を利用した最大50万人の個人データが流出していたことが2018年10月に明らかになり、Googleはこのサービスを2019年8月に終了する計画だとしていた。しかし、2018年12月に別のバグが明らかになったことを受け、サービス終了が繰り上げられていた。

 Googleによると、新しくなったCurrentsでは、投稿へのタグ付けや、画像などのファイル添付が簡単にでき、そこにほかの人がコメントをつけることも可能だという。システム管理者は、ベータプログラムにアクセスしたいとの要望をCurrentsBeta@google.comに送れば、Currentsを試用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]