logo

一般向け「Google+」が正式に終了、ユーザーはTwitterで思いを共有

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年04月03日 09時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは4月2日、一般ユーザー向けの「Google+」を正式に終了した。

提供:Getty Images
提供:Getty Images

 このことは、かなり以前から予告されていた。Googleは2018年に、50万人のユーザーの個人データが流出した恐れのあるセキュリティ脆弱性を発見して修正した後、一般ユーザー向けGoogle+の終了を発表した。Googleは2日、同プラットフォーム上のページの閉鎖を開始した。

 そこでユーザーは別のソーシャルネットワークプラットフォーム(具体的にはTwitter)に場所を移して、それぞれの思いを共有した。

 「さようなら、@GooglePlus。ほとんど使わなかったけど」と、Googleの提供終了製品を追跡するKilled by Googleはツイートした。

 またあるユーザーは、Muhammad AliさんやMichael Jacksonさんなどの写真に「Come join us, Google+」(Google+、こっちにおいでよ)というテキストを添えた画像とともに、「The last hours」(最後の時)とツイートした。

 Burger Kingもこれに加わり、「この一杯をGoogle+に捧ぐ」とツイート。

 一般向けGoogle+は終了したが、完全に忘れられたわけではないようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]