logo

サイトに“タグ”を置くだけで改善点を見つけてくれるAIコンサルタント「CACICA」

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2019年04月17日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シンカーは4月17日、タグを設置するだけでウェブサイトの改善点を見つけ出すAIコンサルタント「CACICA(カシカ)」の提供を開始すると発表した。ツールの利用料は無料で、コンサルティングを受ける場合は1回につき30万円からとなる。

AIコンサルタント「CACICA(カシカ)」
AIコンサルタント「CACICA(カシカ)」

 CACICAは、タグ設置のみで始められるAIアクセスログ解析サービス。アクセスログに機械学習を組み合わせることでサイト上の行動に共通した特徴を持つ複数の顧客クラスターに自動分類し、クラスター別の代表的なサイト内カスタマージャーニーを1本の線として可視化する。さらに、CVユーザーとCVなしユーザーを比較することで課題となるサイト上のコンテンツを自動で可視化するという。AIコンサルタントが発見したコンテンツを見直すことでUI/UXの改善に活用できるとしている。

 同社では、昨今AIを活用した様々なマーケティングテクノロジーツールがリリースされているが、導入しても「施策まで繋げられない」「ほとんど使われずに費用のみ発生している」「社内に対応できる人材がいない」といった、実際のマーケティング成果に繋げられていない状況が多く見受けられると指摘。ツール費用0円で改善点を可視化するAIアクセスログ解析サービスによって、この課題を解決したいとしている。

キャプション
キャプション

 当初は、ベータ版のリリースとなるが、今後は(1)ヒートマップ機能、(2)クロスデバイス機能、(3)位置情報を利用した分析機能、(4)アプリ計測機能などの追加を予定しているほか、他社CDPとの連携も計画しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]