logo

「Gmail」のAI入力予測、件名の提案も可能に

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年04月05日 11時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間月4日、電子メールの件名を提案する機能を「Gmail」の「Smart Compose(スマート作成)」機能に追加したと発表した。電子メールの本文を完成させた後、カーソルを件名に合わせると、Smart Composeの提案が表示される。

 Smart Composeは2018年に公開された。人工知能(AI)を使って、ユーザーが入力する文章を予測するというもので、提案の一部は、送信者と受信者の文章の習慣に基づいて作成される。

 Googleは1日、この機能をすべての「Android」スマートフォンで利用できるようにすることを明らかにしていた。この機能はこれまで、PCとGoogleの「Pixel」スマートフォンでしか利用できなかった。同社によると、「iOS」にも「近いうちに」提供されるという。また、Smart Composeの対応言語に、これまでの英語に加えてスペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語の4つが追加される。

Gmailのロゴ
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]