logo

マイクロソフト、「HoloLens 2」を2月のMobile World Congressで披露か

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月17日 13時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは複合現実(MR)ヘッドセット「HoloLens」の次期アップデート版に関する情報の公開を、Mobile World Congress(MWC)まで控えているのかもしれない。MWCの開幕にあわせて現地時間2月24日に開催される記者会見への招待状は、「HoloLens 2」が大々的に発表される可能性を示唆している。

 確かに、MWCの開催場所であるバルセロナの未来的なイメージ画像が使われている招待状自体が謎めいている印象だ。MCWでは、Microsoftの最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏、コーポレートバイスプレジデント(CVP)のJulia White氏、さらにはモーションコントローラ「Kinect」やHoloLensの開発者で、同社の複合現実(MR)の取り組みを統括するテクニカルフェローのAlex Kipman氏が基調講演を行う。

Microsoft
招待状の画像からはあまり多くのことは分からない
提供:Microsoft

 Microsoftにコメントを求めたもののすぐには回答を得られなかったが、HoloLens 2は2019年初頭に登場するとみられている。同社は2018年11月、HoloLensヘッドセットのプロトタイプを米陸軍に供給する4億8000万ドル(記事公開当時の換算レートで約545億円)の契約を獲得した

 2016年に初めて公開されたHoloLensは、現実世界にホログラムのような3Dグラフィックスを重ね合わせるスタンドアロンのパッケージだが、視野の狭さなどの技術的な制限がある。次期HoloLensは視野がより広くなり、アイトラッキング(視線追跡)などのより高度な機能を備えている可能性がある。

オリジナルのHoloLens発売から約3年、そろそろアップデートの時期だ
オリジナルのHoloLens発売から約3年、そろそろアップデートの時期だ
提供:Bridget Carey/CNET

 Microsoftの「Windows 10」で仮想現実(VR)などをサポートする取り組みにより、2017年後期から2018年初頭にかけて数々の手頃な価格の「Windows Mixed Reality」ヘッドセットの販売へとつながったが、それ以降あまり大きな動きはなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]