logo

マイクロソフト、「HoloLens 2」にクアルコムの「XR1」搭載?--低価格化に期待

David Katzmaier (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月18日 08時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想現実(VR)や拡張現実(AR)用のヘッドセットが、筋金入りのゲーマーやハイテク好きユーザー以外の一般消費者に受け入れられるためには、さらなる低価格化と高機能化が必要だ。その観点で、199ドル(約2万1000円)の「Oculus Go」は正しい方向への一歩だった。

 Microsoftのヘッドセット「HoloLens」の現行モデルは、3000ドル(約33万円)を超える。開発者や商用アプリケーション向けの製品ではあるが、次世代版の価格はもう少し引き下げられてもおかしくはない。

 Qualcommが最近発表した「XR1」プラットフォームを採用すれば実現するかもしれない。同プロセッサが「HoloLens 2」に搭載される予定だと、Engadgetは情報筋の話として報じている。Engadgetによると、HoloLens 2は2019年初頭に登場する可能性があるという。

 この新しいチップは、ARとVRをさらに使いやすく、快適で、手頃な価格にすることを特に目的に設計されている。HTCの「Vive」、Vuzix、Meta、Picoなどが既にXR1を搭載するデバイスに取り組んでいるが、いずれも製品はまだ発表していない。

 米CNETはMicrosoftとQualcommにコメントを求めたが、返答は得られていない。

HoloLens
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]