logo

JR東日本、駅ナカでシェアオフィスの実証実験--3駅にブース型オフィスを設置

佐藤和也 (編集部)2018年11月07日 11時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は11月6日、東京駅、新宿駅、品川駅においてブース型シェアオフィスの実証実験を11月28日から実施すると発表した。

ブース型「STATION BOOTH」設置イメージ
ブース型「STATION BOOTH」設置イメージ

 同社は、働き方改革や生産性向上のサポートなどを目的として、利便性が高く、移動時間のロスが少ない駅ナカなどにおけるシェアオフィス「STATION WORK」の事業展開を検討。ブース型の「STATION BOOTH」、コワーキング型「STATION DESK」、個室型「STATION OFFICE」の3タイプのサービスを展開していく計画だという。

 今回の実証実験は、2019年度上期の事業展開を見据えて行われるもので、ブイキューブと共同開発した、ブース型のSTATION BOOTHを3駅に設置。法人を対象としたSTATION BOOTH(business)と、個人を対象としたSTATION BOOTH(personal)を各2台ずつ、計4台が各駅に設置される。

 ブースのスペースは1.2m×1.2m(東京駅設置分は1.1m×1.1m)で高さが2.2m。ブース内にはデスク、椅子、照明、無料Wi-Fi、電源、USBポート、暖房、モニタ、アロマなどが備わっている。

 実施期間は、11月28日から2019年2月20日までの約3カ月間を予定。15分ないしは30分の予約制となっており、1日につき最大30分まで利用可能。個人と法人ともに専用のウェブサイトから予約後、ブース前にてQRコードを使い開錠する形となっている。利用時間は9時から21時までで、利用料は無料。予約は11月19日10時から可能となっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]