logo

「今ほどクリエイティブが重要な時代はない」--クリエイターの祭典「Adobe MAX」開幕

山川晶之 (編集部)2018年10月17日 15時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビは10月15日、米ロサンゼルスにて、同社の大規模カンファレンス「Adobe MAX 2018」を開催。基調講演では、クリエイティブプラットフォーム「Adobe Creative Cloud」の次期アップデートのほか、新設計のアプリ群などを発表した。

 Adobe MAXは、総勢1万4000人のクリエイターが集結する年に一度のクリエイティブカンファレンスで、新機能アップデートなどを紹介する基調講演のほか、アドビの研究所であるAdobe Researchで開発中のイノベーション技術を先行公開するMAX Sneaksなどのコーナーもあり、人気を集めているイベントだ。

 本稿では、国内のみの追加も含めたCreative Cloudのアップデートを中心に、基調講演の様子をお伝えする。新アプリとして発表された、YouTubeなどSNS時代の動画編集アプリ「Adobe Premiere Rush CC」やiPad向けフルバージョン「Photoshop CC」、次世代のARプラットフォーム「Project Aero」についてはそれぞれの記事を参照してほしい。

キャプション
米ロサンゼルスで開催中の「Adobe MAX」

ナラヤンCEO「今ほどデザインが重要な時代はない」

 基調講演に登壇したアドビシステムズ社長兼CEOのシャンタヌ・ナラヤン氏は、クリエイターを目指す学生から、社会を変えようとする団体に至るまですべての人が「共通のストーリーを持っている」とし、「一人ひとりにストーリーがあり、アドビはそれを結びつけたい。(ストーリーは)やる気を起こし、スパークして人々を動かす。モノを作ることに限界があってはらない。誰でもストーリーを伝えることができ、クリエイティビティを発揮させたい」と、アドビのミッションを説明。

キャプション
アドビシステムズ社長兼CEOのシャンタヌ・ナラヤン氏

 「皆さんのクリエイティブ能力を拡大することを考えてきた。動画もアニメーションもいろいろ作れ、さまざまな分野で共有できるように、制作をもっと直感的にしたい。今の制作プロセスはマウスとキーボードを使うことが多いが、ジェスチャーでもクリエイティブな考えを披露できるよう突破口を作る必要がある。テクノロジを使い、もっと自分のストーリーにフォーカスしないといけない」と、より簡単にクリエイティブを発揮するツールの必要性を説き、シンプルな操作性のPremiere Rush CCや、iPad版Photoshop CC、簡単にARコンテンツを作れるProject Aeroなどを提供する背景を説明した。

 続けて、「今ほどデザインが重要な時はない。クリエイティビティの黄金時代にきている。システムだけでなくクリエイティブな役割、ストーリーをきちっと伝える重要性は今までよりはるかに必要。クリエイティビティのパワーは大きなインパクトを与え、今まで以上に大切になった」と、クリエイターや個人、企業問わず、ストーリーを伝えるにはクリエイティブが必要不可欠な時代になったと締めた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]