logo

iPadにPhotoshop“完全版”がやってくる--2019年登場、イラスト特化の新アプリも

山川晶之 (編集部)2018年10月15日 22時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビは10月15日、米ロサンゼルスで開催する同社の大規模カンファレンス「Adobe MAX 2018」に向け、クリエイティブプラットフォーム「Adobe Creatie Cloud」の次期アップデートのほか、新設計のアプリ群などを発表した。

キャプション
iPad向けフルバージョン「Photoshop CC」が登場
キャプション
主な特徴

 2019年ローンチ予定のアプリとして披露されたのが、iPad版の“フルバージョン”の「Photoshop CC」だ。これまで、Photoshopの名前を冠したモバイルアプリは、Photoshopの一部機能をモバイル向けに最適化しつつ切り出したものであり、一つのアプリでPC版と全く同じ機能を有するものは存在していなかった。iPad版Photoshop CCは、PC以外のフォームファクタではじめての完全版Photoshopとなる。

 UIは、iPad向けに最適化されタッチ操作が可能。また、PSDファイルを扱うこともでき、Creative Cloudのストレージを介することでPCとiPad間でデータのやり取りが可能。レイヤーパネルやマスクなどPhotoshopならではの機能も装備するという。また、Creative Cloudを介することで、iPadで編集を開始し、そのままPCに作業を引き継ぐことも可能だ。

キャプション
Photoshopのフィーチャーを残しつつ、UIはタッチUIに最適化されている

イラスト制作に特化した「Project Gemini」

 さらに、新アプリとして、イラスト制作に特化したアプリ「Project Gemini」も2019年に提供予定と発表された。Photoshopで使っているブラシをそのまま同期でき、水彩や油絵などの表現が可能なダイナミックブラシが使えるという。ビットマップとベクターフィアルどちらにも対応し、PSDファイルも扱える。プロフェッショナルユースを想定しており、iPadとApple Pencilのみで高度なイラスト制作が可能になる。

キャプション
新しいPhotoshopファミリとして「Project Gemini」を発表
キャプション
Apple Pencilによる筆圧感知に対応。ベクターブラシもフォトショップブラシも気にせず使えるという
キャプション
油絵のような絵の具同士のにじみや光沢感も再現する

(取材協力:アドビシステムズ)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]