logo

アドビ、SNS時代の動画編集アプリ「Premiere Rush CC」--手軽さと高機能を両立

山川晶之 (編集部)2018年10月15日 22時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビは10月15日、米ロサンゼルスで開催する同社の大規模カンファレンス「Adobe MAX 2018」に向け、クリエイティブプラットフォーム「Adobe Creatie Cloud」の次期アップデートのほか、新設計のアプリ群などを発表した。

キャプション
SNS時代の動画編集アプリ「Adobe Premiere Rush CC」
キャプション
主な特徴

 そのなかで、YouTubeや各SNSなどへの投稿に特化した動画編集アプリ「Premiere Rush CC」を発表。Premiereのエンジンを使用し、動画撮影から編集、SNSへの投稿までアプリひとつで完結できるのが特徴。YouTuberなど、日々動画を投稿するユーザーが使いやすく、かつ質の高い映像が制作できるツールを目指す。

キャプション
YouTubeやInstagram、Facebookなど各SNSにそのまま投稿できる

 Premiere Rushは、2018年6月に「Project Rush」としてお披露目されたプロダクト。Adobe MAXにあわせて正式版がローンチされた。クラウドでデータのやり取りができ、スマートフォン以外にもタブレット版、PC版もを用意。それぞれのデバイスで編集したり、スマートフォンからPCなど、編集作業を他のデバイスに引き継ぐこともできる。UIもPremiereより簡略化されている。

キャプション
UIはシンプルになっている

 動画撮影では、標準のカメラアプリでは設定できないISO感度なども設定可能。編集機能はカットのみならず、字幕を付けたり、カラー調整、オーディオ調整、エフェクトの適用など、アプリ間を移動することなく調整できる。

キャプション
字幕作成やモーショングラフィックステンプレートが利用可能

 「Adobe Sensei」を使った音量の自動調整「自動ダッキング機能」により、動画内でBGMを流しつつ、会話があるシーンだけ音量を自動で下げることができる。さらに、After Effectsのパワーを使ったモーショングラフィックステンプレートも使用でき、高度なグラフィックスを用いたタイトルアニメーションなど、動画に彩りを加えることもできる。

キャプション
「モーショングラフィックステンプレート」で、スタイリッシュなタイトルを簡単に付け加えられる

 ローンチ時は、Windows/Mac/iOS版を提供。Android版は2019年提供予定としている。Premiere Rush CC単体プランの価格は、個人版は月額9.99ドル、グループ版は月額19.99ドル、エンタープライズ版は月額29.99ドルとなるが、Creative Cloudコンプリートプラン、学生版およびPremiere Pro CCの単体プランに含まれる。100GバイトのCreative Cloudストレージが付属し、最大10Tバイトまで追加できる。さらに、スタータープランも用意しており、デスクトップ版、モバイル版ともにフル機能が無償で使用可能。作成できるプロジェクトは無制限で、3プロジェクトが書き出せる。

(取材協力:アドビシステムズ)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]