logo

「Apple Watch Series 4」の実力は?6時間のハイキングで試してみた

Vanessa Hand Orellana (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年10月29日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Apple Watch Series 4」の購入をお考えなら、心電図(EKG)や転倒検知といった新機能のことを既にご存じかもしれない。だが、どちらも日常的に頼りたくはないものだ。よく使うのはおそらく、フィットネス機能だろう。

 Apple Watch Series 4では、アスリート向けのトレーニングツールが改善され、ワークアウトの自動検出が追加された。また、アクティビティリング完成のモチベーションを高める競争機能もある。

 と言っても、これらはソフトウェア上の機能がほとんどで、より低価格の旧モデル(Series 1以上)でも「watchOS 5」にアップデートすれば利用できる。Series 4は、アルミニウムケースでLTE非対応の最も安価な40mmモデルでも4万5800円(税別)からと、Series 3の再安価モデルと比べて1万4000円も高い。

figure_1
提供:Sarah Tew/CNET
 Apple Watch Series 4とSeries 3の比較テストを約3週間続けてみたところ、ワークアウトに関しては、2つの点が旧モデルよりも大きく進歩していることに気づいた。画面サイズとバッテリ持続時間である。

より大きく、目立ち、見やすく

 Apple Watch Series 4を着けて走っているとき最初に気づいたのは、数字が読みやすくなったことだ。実際に改良されてみないと気づかない点のひとつだが、心拍数の変化を見たり、ペースや距離を確認したりするのが、がぜん楽になった。画面を凝視しなくて済むようになったので、気を取られてつまずく心配もなくなった。

figure_2
提供:John Kim/CNET

 Apple Watch Series 4は、旧モデルからデザインが一新された。ディスプレイが、小型モデルで38mmから40mmへ、大型モデルで42mmから44mmへとどちらも大きくなっている。しかもベゼルが細くなったので、ボディ全体はそれほど大きくならずに、手首上で使える画面がかなり広くなった。そのため、あらゆるデータ(アクティビティ統計も含め)が大きく目立つようになっていて、動いているときに大きな差が出る。

 ボディも旧モデルからわずかに薄くなっており、手首にきつめに締めたときでも、内側のセンサ部分があまり気にならなくなった。

figure_3
提供:John Kim/CNET

バッテリ持続時間

 だが、Apple Watch Series 4で何より進歩したのは、バッテリの持続時間だ。Appleの公称によると、アウトドアアクティビティの連続トラッキングでも最大6時間もつという。Series 3ではおよそ4時間だった。GarminやPolarなど、現在市場に出回っている他の専用トラッカーにはまだまだ及ばないが、Apple Watchを検討している長距離アスリートにとっては、飛躍的な進歩と言える。

 テスト開始から最初の1週間は、Apple Watch Series 4とSeries 3でバッテリ持続時間が大きく違うとは気づかなかった。1日が終わる頃にSeries 4のバッテリ残量は約40%だったが、普通に1日使っただけで、アクティビティトラッキングはおそらく1時間程度だったろう。要するに、毎日必ず充電が必要になるのは変わらないことになり、筆者は連続トラッキング6時間という公称に疑問を感じた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]