logo

Instagramアプリから「レストラン予約」が可能に--ぐるなびと提携

藤井涼 (編集部)2018年10月02日 12時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フェイスブック ジャパン代表取締役の長谷川晋氏(左)とぐるなび代表取締役社長の久保征一郎氏(右)
フェイスブック ジャパン代表取締役の長谷川晋氏(左)とぐるなび代表取締役社長の久保征一郎氏(右)

 フェイスブック ジャパンは10月2日、写真共有SNS「Instagram」において、飲食店のビジネスプロフィールからそのまま予約ができる機能を、10月23日から提供することを発表した。グルメ情報サイト「ぐるなび」との提携によって実現した。

 ユーザーが飲食店のビジネスプロフィールから「席を予約する」を選ぶと、ぐるなびの画面に遷移する。日時・人数・コースを選択後、予約情報を入力することで、Instagramのアプリ内でレストラン予約が完了する。

Instagramアプリからレストラン予約が可能に
Instagramアプリからレストラン予約が可能に

 フェイスブック ジャパン代表取締役の長谷川晋氏によれば、Instagramの飲食店のビジネスプロフィールには1日あたり50万回ものアクセスがあるという。ただし、現状はプロフィール情報から店舗に電話をかけたり、他のグルメサイトなどから予約するしか方法がなかったことから、今回の提携に至ったと説明する。

 続けて、ぐるなび代表取締役社長の久保征一郎氏が登壇。「Instagramは料理の写真などと相性が抜群にいいサービスのため、Instagramの持つ影響力や可能性に大変注視していた。何か一緒にできないかとずっと考えていたところ、(Instagram側から)この夏に提携のお話をいただいた」と、提携の経緯を明かした。

ぐるなび代表取締役社長の久保征一郎氏
ぐるなび代表取締役社長の久保征一郎氏

 「たくさんのグルメサービスがある中で、われわれにお声がけをいただいたのは、ぐるなびが飲食店自身が持っているこだわりやメニューなどの“一次情報”の発信に最も力を入れていたから。そこをご評価いただいたことは大変光栄に思っている」(久保氏)。

 なお、Instagramは6月に、フィード投稿からシームレスに商品を購入できる「ショッピング機能」を日本で公開していた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]