logo

アップルに残る最後のSiri共同創業者が退職との報道

Zoey Chong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年07月20日 08時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音声アシスタント「Siri」の開発企業の共同創業者数名のうち、ただ1人Appleに残っていたTom Gruber氏が、同社を退職したという。Gruber氏は、Siriの先進開発グループを統括していた。The Informationが米国時間7月18日に報じた

 Gruber氏(59歳)は今後、写真撮影や海洋保全などの個人的な関心を追求していくという。The Informationが、匿名情報筋らの話として報じている。

 Siriグループは7月に入り、GoogleのAIと検索を統括していたJohn Giannandrea氏を責任者として新たに迎えている。2010年にAppleが買収したSiri IncをGruber氏とともに創業したDag Kittlaus氏とAdam Cheyer氏は、2011年と2012年にそれぞれAppleを退職している。

 Gruber氏のほか、検索を統括していたVipul Ved Prakash氏もAppleを離れたとThe Informationは報じた。

 Appleの広報担当者は米CNETに対し、両氏の退職を認めたが、コメントは控えた。

Siri
提供:Screengrab by KP Ho for CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]