歴代の「INFOBAR」たちを振り返る--コンセプトから初代モデル、スマートフォンまで - 2/19

 左から、「初代INFOBAR」、「INFOBAR 2」、「INFOBAR xv」。新モデルでは、初代と2代目では実現できなかったフレームレスを実現している。液晶パネルは3.1インチWVGAパネルを採用。スマートフォン全盛の今、小型サイズのパネルが見つからず、開発には苦労したという。

 開発・製造については、初代と2代目の開発は鳥取三洋電機(現:三洋テクノソリューションズ鳥取)、xvは京セラが担当する。UIはINFOBAR 2を踏襲するという。

 左から、「初代INFOBAR」、「INFOBAR 2」、「INFOBAR xv」。新モデルでは、初代と2代目では実現できなかったフレームレスを実現している。液晶パネルは3.1インチWVGAパネルを採用。スマートフォン全盛の今、小型サイズのパネルが見つからず、開発には苦労したという。

 開発・製造については、初代と2代目の開発は鳥取三洋電機(現:三洋テクノソリューションズ鳥取)、xvは京セラが担当する。UIはINFOBAR 2を踏襲するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]