logo

EU発「ECHORD++」のお役立ちロボット--実用化に向けた11のプロジェクト - 11/11

Greg Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年07月03日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
配線ロボット

 配線作業は昔から、手先が非常に器用な専門家の領域だった。だが、さまざまな部品を線でつなぐというのは退屈な作業かもしれない。

 「Wiring Robotic System for Switchgears(WIRES)」は、電子機器を保護するスイッチ装置の配線を自律的に行う。WIRESのカスタムグリッパーは、細いゲージ配線に対応できる器用さを備えている必要があり、触覚センサと3軸のネジ回し保定装置を搭載している。
Scroll Right Scroll Left

配線ロボット

 配線作業は昔から、手先が非常に器用な専門家の領域だった。だが、さまざまな部品を線でつなぐというのは退屈な作業かもしれない。

 「Wiring Robotic System for Switchgears(WIRES)」は、電子機器を保護するスイッチ装置の配線を自律的に行う。WIRESのカスタムグリッパーは、細いゲージ配線に対応できる器用さを備えている必要があり、触覚センサと3軸のネジ回し保定装置を搭載している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]