logo

EU発「ECHORD++」のお役立ちロボット--実用化に向けた11のプロジェクト - 5/11

Greg Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年07月03日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「FlexSight」

 今日のロボットの大きな問題は、多くの場合、無作為に選ばれた物体を持ち上げる方法を瞬時に判断できないことにある。

 この制約が、Eコマース用のいわゆる「完全自動式」フルフィルメントの開発が遅れる一因となっている。FlexSightなら、この問題を解決できるかもしれない。

 ECHORD++によると、FlexSightはスマートカメラであり、ロボットが「正確かつ信頼できる方法で、システム全体の計算速度を高速化することによって、大きくて多様な固い物体や変形可能な物体を知覚する」ことを可能にするという。
Scroll Right Scroll Left

「FlexSight」

 今日のロボットの大きな問題は、多くの場合、無作為に選ばれた物体を持ち上げる方法を瞬時に判断できないことにある。

 この制約が、Eコマース用のいわゆる「完全自動式」フルフィルメントの開発が遅れる一因となっている。FlexSightなら、この問題を解決できるかもしれない。

 ECHORD++によると、FlexSightはスマートカメラであり、ロボットが「正確かつ信頼できる方法で、システム全体の計算速度を高速化することによって、大きくて多様な固い物体や変形可能な物体を知覚する」ことを可能にするという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]