logo

次期iPhoneのうわさ、3モデルのうち売れ筋は液晶モデル?--Appleニュース一気読み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月12日〜6月18日のAppleに関連するCNET Japanのニュースをまとめた「今週のAppleニュース一気読み」。開発者会議WWDC 2018も終わり、Appleの次の話題は秋にリリースされる新型iPhoneに移ってきた。Wall Street Journalは新たにリリースされるiPhoneを3機種とした上で、最も売れ筋となるのは液晶モデルになると予測している。

 まず、2018年に3機種のiPhoneがリリースされるという予測自体については、さほど熟考の必要はなさそうだ。

 Appleは2017年から3モデルをリリースする体制を取っている。タイミングのずれこそあれ、2017年はiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xをリリースした。その代わり、保存容量のバリエーションは3種類から2種類となり、色も発売当初は4色から3色に、またiPhone Xに至っては2色しか用意しなかった。

 また、2017年は有機ELパネルを使用したモデルをiPhone Xの1機種、1サイズしか用意しなかったが、2018年は5.8インチに加え6.5インチの大型モデルを用意するとみられている。加えて、6.1インチクラスの中間サイズを液晶ディスプレイで用意し、このモデルが最も安い価格になるとみられる。

 AppleはiPhone Xを最上位機種とし、999ドルからという価格を付けた。日本では11万2800円からと高額となっていた。先進国市場では継続してiPhoneラインアップの中で最も販売台数の多いモデルであったが、台数が伸びる新興国では厳しい戦いとなっていた。

 また有機ELパネルについても、Samsungの1社独占からLGとの2社体制へ移行するとみられており、価格競争の効果から、有機ELモデル2機種についてもこれまでより安い価格での供給になる可能性が高い。

次期「iPhone」、有機ELより低価格の液晶モデルが販売の大半を占めるとの予測(6/18)

iPhone、捜査機関のデータアクセスをふさぐ

 Appleは、警察がiPhoneの中のデータを取り出す際に使用するツールを無効化するため、「USB Restricted Mode」について変更を加えることを発表した。LightningポートとPCのUSBポートを接続した際、1時間以上ロック解除がされていないiPhoneについて、データアクセスを無効化するというものだ。

 この変更は、警察がスマートフォンを押収してから、ユーザーのデータをツールを使って取り出すことを防ぐ為に行われる。2016年3月、Appleはサンバーナーディノの事件において、FBIからiPhoneのパスコードロック回避について要求されたがこれを拒否し、別の方法で被疑者のiPhoneのデータにアクセスしたとされている。こうした方法を塞ごうというのが今回の動きと言える。

アップル、捜査機関も用いる「iPhone」データアクセス手法を遮断へ(6/14)

自動運転のエンジニア採用

 Appleは、Googleの親会社、Alphabet傘下で自動運転技術を開発するWaymoの元上級エンジニア、Jaime Waydo氏を採用したとみられる。Waymoの広報担当者は、同氏の将来の取り組みにエールを送った。

 Waymoは、Googleストリートビューの技術者とスタンフォード大学AI研究所の元ディレクターとの間でスタートしたプロジェクトで、これまで自動運転車の実験にいち早く取り組むなど実績を上げている。特に、周辺を察知するレーザー技術については、実際の車両をゼロから作るだけでなく、アドオン型での自動運転車の実現の可能性もあり、その動向が注目されていた。

 一方Appleは、Project Titanといわれる自動運転プロジェクトが存在していたが、度重なる縮小が報道されている。その一方で、カリフォルニア州では複数の車両で自動運転車の公道試験のライセンスを取得しており、シリコンバレーに拡がるキャンパス感の社員の移動に、フォルクスワーゲンのバンを用いたシャトル運航が行われるのではないか、と見られていた。

アップル、自動運転プロジェクトにWaymoの元上級エンジニアを採用(6/18)

その他

アップル、手首で血圧を測るデバイスの公開特許--「Apple Watch」への搭載も想定(6/12) アップル、仮想通貨マイニングを禁止--「iPhone」などで(6/12) 「iOS 12」vs「Android P」、新機能を比較--ARや音声アシスタントに注目(6/13) アップル、iWorkをアップデート--オーディオの録音、編集、再生機能などを追加(6/15) アップル、人気司会者オプラ・ウィンフリー氏と複数年契約--オリジナル番組制作へ(6/18)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]