logo

アップル、自動運転プロジェクトにWaymoの元上級エンジニアを採用

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年06月18日 10時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが自動運転プロジェクトに向けてWaymoの元上級エンジニアのJaime Waydo氏を採用したことを、The Informationがこの件に詳しい情報筋の話として報じた。Appleは米CNETによるコメントの求めには応じなかったものの、The Informationに対してはWaydo氏を雇ったことを認めている。Waymoの広報担当者は、Waydo氏の将来の取り組みにおける健闘を期待する声明を出した。

 The Informationによると、Waydo氏はかなり名の知られたエンジニアであり、システムエンジニアリングの責任者として、Waymoのプロトタイプの安全性を確保する立場にいたという。Waymoがドライバーのいない完全自動運転を目指す決定を下したことを受け、Waydo氏はアリゾナ州フェニックスで始まった同社のパイロットプログラムに関与していたようだ。Waymoに入社する前の同氏は、米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所(JPL)で上級エンジニアを務めていた。

 今回の採用は、Appleが独自プラットフォームの拡大に向けた検証を始める準備を整えたことを示しているのかもしれないが、Waydo氏の役職や権限については明らかになっていない。

提供:Gabrielle Lurie/AFP/Getty Images
提供:Gabrielle Lurie/AFP/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]