logo

アイドルマスター好きな記者が見たスマホゲーム「ミリシタ」独断偏見インプレッション - (page 6)

佐藤和也 (編集部)2018年06月09日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

活動が見えるカードたち、そしてSSR「あま~い森へようこそ♪」

 ひなたのアイドルとしての活動はカードとしても現れており、今のところは着ぐるみのような衣装を着ている姿が多いようだ。特にSR「アップルメリーゴーラウンド」は見どころが多く、ハロウィンの魔女として子どもたちを怖がらせようとしても、こわがってくれずに戸惑うという、性格の良さがにじみ出ているエピソードでもある。さらに覚醒エピソードでは、プロデューサーのしゃっくりが止まらず、100回すると死んでしまうという冗談を真に受けたひなたが、泣き叫んで止めるといったシーンがあり、ひなたは演技のように見せかけるが、本気で心配していたのではないかとも感じられるところだ。

  • SR「純白ドレスアップ」。イモムシの着ぐるみを着用しており、覚醒後は立派な蝶の姿が描かれている

  • SR「みんなのマスコット神さま」。ねずみの着ぐるみを着て、神輿に乗って登場。ちなみにこのカードは期間限定となっており、現状では排出されないが、再度、期間限定で登場する場合がある

  • SR「アップルメリーゴーラウンド」。ハロウィンの魔女に扮して子どもを怖がらせようとする。期間限定イベント「ミリコレ!」で登場したもので、現在はミリコレガシャチケットから排出される

SR「アップルメリーゴーラウンド」の覚醒エピソードより。しゃっくりを止めたひなたが一安心することころだが、プロデューサーを本気で心配していた様子も垣間見える
SR「アップルメリーゴーラウンド」の覚醒エピソードより。しゃっくりを止めたひなたが一安心することころだが、プロデューサーを本気で心配していた様子も垣間見える

 また、最高レアリティのSSR「あま~い森へようこそ♪」が追加されており、ひなた専用衣装「ラブリーフルーティア」もあわせて入手できる。期間限定ではないため、現在でもプラチナガシャから排出される。

SSR「あま~い森へようこそ♪」りんごの森の案内役をイメージしたものとなっている
SSR「あま~い森へようこそ♪」りんごの森の案内役をイメージしたものとなっている
  • 覚醒後では、ステージ衣装で歌う姿が描かれている

  • 固有の衣装「ラブリーフルーティア」をまとって登場

  • 入手にあわせて、ブログも更新する

 ラブリーフルーティアは赤と白を基調としたドレス風のステージ衣装で、リボンやミニ帽子がワンポイントになっている。また、マスターランク4で入手できるアナザー衣装のラブリーフルーティア+は、一転して青と黄が基調となり、少し大人びた雰囲気を漂わせている。

  • ラブリーフルーティア着用時の全身。ミニ帽子にはりんごのアクセサリーがあしらわれ、足元にもリボンがついている

  • 後ろ姿。大きなリボンが目を引く。またファスナーのスライダーをよく見ると、金色のりんご型になっている

  • アナザー衣装のラブリーフルーティア+。青と黄を基調に、黒のラインでシックな雰囲気を出している

 衣装エピソードでは、嬉しさのあまり何度も試着しているところや、てっきり貸衣装と勘違いしていたエピソードが描かれている。また覚醒エピソードでは、あるライブ後のプロデューサーとひなたとのやりとりとして、もう少しうまくなったら田舎のおばあちゃんたちを招待したいと話すところや、片付けを手伝いたいと申し出る姿が描かれたものとなっている。

衣装エピソードより。貸衣装と勘違いしており、自分専用のオーダーメイド衣装と知ると、驚いてしまう
衣装エピソードより。貸衣装と勘違いしており、自分専用のオーダーメイド衣装と知ると、驚いてしまう
覚醒エピソードより。ライブの後片付けを申し出るが、プロデューサーから休むように言われ、お互いに「また明日」という
覚醒エピソードより。ライブの後片付けを申し出るが、プロデューサーから休むように言われる
プロデューサーが「また明日な」と言ったあとの一言。また会えることの喜びを感じているようにも受け取れるシーンだ
プロデューサーが「また明日な」と言ったあとの一言。また会えることの喜びを感じているようにも受け取れるシーンだ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]