logo

アイドルマスター好きな記者が見たスマホゲーム「ミリシタ」独断偏見インプレッション - (page 2)

佐藤和也 (編集部)2018年06月09日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多様なプレイスタイルに対応、リッチな演出も盛り込まれたライブパート

 アイドルたちが輝く場所といえばライブステージであり、楽曲やステージパフォーマンスをリズムゲーム形式で楽しめるようになっている。そんなライブパートでは「ユニットライブ」と「ソロライブ」の2タイプを用意。スタミナに該当する「元気」か、後述する「お仕事」で得たライブチケットを消費することでプレイできる。

 ユニットライブは、あらかじめ5人のアイドルでユニットを編成し、楽曲と難易度を選択してスタート。画面上部からアイコンが発射され、画面下部にあるターゲットとなるアイコンと重なったところでタイミングよくタッチしていく。タッチ操作は基本となるタップのほか、長押しや同時押し、矢印の方向にスライド(フリック)するものもある。タイミングがあわないと画面左上のゲージが減っていき、0になるとライブ失敗となり楽曲の途中でも終了してしまう。

画面上部から流れてくる音符(丸のアイコン)が、画面下部にあるアイコンと重なったところで、タイミングよくタッチしていく
画面上部から流れてくる音符(丸のアイコン)が、画面下部にあるアイコンと重なったところで、タイミングよくタッチしていく
  • アイドル5人を選択し、ユニット編成を行う

  • ライブパートをプレイするには、それぞれに定められた元気かチケットが必要

  • タイミングによってPERFECTやGREATといった判定がなされる。なおミリシタでは、GOOD以上でコンボがつながる。PERFECT率も表示

 音符のレーン数は2、4、6の3種類を用意。少ないほど易しく、多いほど難しくなるという、事実上の難易度設定となっている。6レーンの「6MIX」をクリアすると、最高難度の「Million MIX」が解放される。なお、ライブステージを鑑賞できるMV(ミュージックビデオ)も用意されており、難易度を問わずその楽曲を一度クリアするだけで視聴が可能。また練習モードとなる「リハーサル」もあり、マニーを消費することでプレイできる。

リハーサルでは、アイドルたちがレッスン服で登場。客席のコンサートライトもない、文字通りのリハーサル風景となる。MVも対応
リハーサルでは、アイドルたちがレッスン服で登場。客席のコンサートライトもない、文字通りのリハーサル風景となる。MVも対応

 ソロライブは縦画面でプレイするモードで、レーン数は2のみとなっており片手でもプレイ可能というシンプルな構成。センターに設定しているアイドル1人のみにカメラワークがスポットをあてた形となっており、お気に入りのアイドルの姿をじっくりと鑑賞しながら楽しむことができる。

  • 縦画面のソロライブ。アイドルの全身が見やすいモードでもある

  • MVも用意。ユニットライブとは別に、ソロライブをクリアすると、その曲のMVが解放される

  • こちらもリハーサルに対応している

 ライブパートで目をひくのが、3DCGで表現されたアイドルたちがステージで歌い踊る演出。特にミリシタのアイドルたちは、日本のセルアニメのようなセルルックを強く表現しているのが特徴だ。

 ユニットライブであれば、曲にもよるが最大5人がステージに立ってフォーメーションダンスを行うほか、ステージ上でも電飾による演出、カメラワークにしてもダイナミックに動く。ステージだけではなく、客席のコンサートライトを映し出すようなものもあり、さらに曲がかかりはじめると、バラバラだった色が一色に統一されるなど変化したり、その動きもワンパターンではないなど、細かいところにもこだわりを感じさせるものとなっている。

カメラアングルはステージのさまざまな角度から映し出すほか、コンサートライトが一面に広がった客席を映し出すシーンもある
カメラアングルはステージのさまざまな角度から映し出すほか、コンサートライトが一面に広がった客席を映し出すシーンもある

 リズムゲームに組み込まれた演出として、曲の合間に流れる特大サイズのスペシャル音符が流れ、一定時間音符が現れず星のきらめきとともにステージを映し出すスペシャルアピールが発動。フルコンボの状態でスペシャル音符をタップすると、特別な演出が流れるようになっている。

スペシャルアピールの特別な演出では、アイドルが最高に輝く姿を見ることができる
スペシャルアピールの特別な演出では、アイドルが最高に輝く姿を見ることができる

 一部の楽曲では“歌い分け”にも対応しているのも特徴。ユニットライブであれば、編成した5人のアイドルと立ち位置にあわせたパートを、そのアイドルの声で歌うというもの。52人もいるだけに、組み合わせは3億通り以上にもなるという。ソロライブでは、センターに編成したアイドルがソロ曲として歌いきる形になっている。

 なお、端末のスペックにあわせたライブ画質設定も設けられており、描画負荷を少なくした2Dモードも用意されている。また、3Dと2D問わず背景を暗くするフィルターも用意されているほか、視認性の高い音符アイコン、画面幅にあわせて6MIXやMillion MIXのターゲット間隔を左右に広げる設定もあり、リズムゲームを遊びやすい環境を整えている。

  • 歌い分け対応曲は、掲載時点で「Brand New Theater!」「Welcome!!」「Thank you!」の3曲

  • 背景を暗く、視認性の高い音符アイコンを採用。ターゲットの幅も広くした状態

  • 2Dモードでは、選択したアイドル5人が表示された状態になる

 2018年に入ってからのアップデートでは、39プロジェクトの属性別13人がステージに並び、特定の曲を披露する「13人ライブ」モードを実装。ユニットのアイドルは固定となっており、別タイプの編成をすることはできないものの、ユニット内での配置変更や衣装変更には対応。見るからに圧巻のステージが展開される。MVだけではなく、リズムゲームとしてもプレイ可能となっている。

描画負荷が高くなるという注意書きが添えられるほど、リッチなステージである13人ライブ。豪華に感じられるステージだ
描画負荷が高くなるという注意書きが添えられるほど、リッチなステージである13人ライブ。豪華に感じられるステージだ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]