logo

博報堂DYとエイベックス・マネジメント、VR映像を使った広告ソリューションを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 博報堂DYメディアパートナーズは4月24日、エイベックス・マネジメントと共同で、VR映像によるブランデッドムービーソリューション「VR Story Seek」の提供を開始すると発表した。

 成長過程にある広告表現としてのVR領域において、博報堂DYがクライアントの課題解決、エイベックス・マネジメントがキャスティングと楽曲タイアップ、エイベックス・エンタテインメントが映像制作を担当。それぞれの強みを生かすことで、ストーリー性の高いVRブランデッドムービーを制作するという。

 VR Story Seekによる初の映像作品の発表は、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」に設立されたVR部門「VR SHORTS」の会場にて実施。今回発表される映像作品は、VRの配信システムを担うゲートウエイ、立体音響システムを持つゼンハイザージャパン、メディアパートナーの日経BP総研の3社の協力を得て製作している。

 両社は、共同でVR映像によるブランデッドムービー事業を担うことで、ノウハウを蓄積し、VRにおけるエンタテインメント領域の新手法を開発。今後の企業のマーケティング活動をより多面的に支援するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]