logo

グリー、40億円規模の投資プロジェクト「VTuberファンド」

佐藤和也 (編集部)2018年04月17日 12時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーは4月17日、バーチャルYouTuber市場向けの事業として、国内を中心にバーチャルYouTuberに関連する、クリエーターやスタートアップ企業を支援するための投資プロジェクト「VTuberファンド」を開始すると発表した。4月5日付で公表した、ライブエンターテインメント事業への100億規模の投資のうち、約40億円をVTuberファンドで活用するという。

VTuberファンドイメージ
VTuberファンドイメージ

 プロジェクトの第1弾として、スマートフォンなどのカメラを通じて3Dアバターを使って、ライブ配信を行う技術プラットフォーム 「Facemoji」を開発している米国のOmnipresenceにシード投資を行う。同社は、Omnipresenceは米国Yahoo!出身の元プロゲーマーの創業者とAdobe出身の共同創業者により、2017年3月に創業されたスタートアップ企業としている。

 投資の背景として、Twitchなどを利用したゲーム実況市場が海外で拡大するなか、3Dアバター実況に対する期待が高まっており、Facemojiはそのニーズを捉え成長しているという。今後はAR/VRなど多方面でFacemojiを展開することを目指すほか、今回の出資を機に、日本国内におけるサービス開発での提携も検討していくという。

 VTuberファンドの今後としては、イラストレーターや声優などクリエーターの積極的に支援していく方針。直接的な支援に加え、独自の収録・配信スタジオをバーチャルYouTuber向け専用スタジオとして提供するほか、バーチャルYouTuberが所属するプロダクションなどへの出資、協業先企業などとのジョイントベンチャー設立などにも取り組むとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]