logo

Dropboxがグーグル「G Suite」と連携へ--「Google Docs」などの編集が可能に

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年03月02日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dropboxは米国時間3月1日、Googleと提携し、「G Suite」のクラウドツールと連携するクロスプラットフォーム機能を導入すると発表した

 DropboxとG Suiteは競合関係にあることから、今回の提携は注目に値する。Dropboxは先週、新規株式公開(IPO)を正式に申請した。申請書類の中で、Googleとはクラウドストレージとコンテンツコラボレーション双方の市場で競合するとしていた。

 Dropboxは、両プラットフォームにとって初となるG Suiteとの連携を、「コンテンツと、関連する会話のための統一された場所」を顧客に確実に提供する手段だととらえている。Dropboxによると、顧客の50%以上がG Suiteも使用しているとみられるが、これまでG SuiteのファイルをDropboxに保存する手段はなかった。

 Dropboxのエンジニアリング担当バイスプレジデントであるTony Lee氏は、「ユーザーが愛用するツールで複数の端末間での作業がしやすくなるようにしたい」と述べた。「Googleと協力してプラットフォームの壁をなくし、チームが毎日利用している情報を一元化できることを喜ばしく思う」(Lee氏)

 Dropboxによると、この連携によって、ユーザーはDropboxから直接、「Google Docs」「Sheets」「Slides」を作成、閲覧、編集できるようになる。「Dropbox Business」の管理者は、Google Docs、Sheets、SlidesをDropbox内にある他のコンテンツと同じように管理できるようになる。

 Dropboxによると、「Gmail」や「Hangouts Chat」に組み込む新たなネイティブ機能を開発する計画だという。Gmail内からDropboxのリンクを生成する機能や、Hangouts ChatからDropboxファイルの検索や共有、プレビューができる機能などだ。

 「ユーザーが職場にどんなツールを持ち込もうとG Suiteを利用できるようにするのがわれわれの目標であり、こうした連携は、共通の顧客が毎日利用しているツールによってコラボレーションを促進するのに役立つ」と、Google Cloudで製品管理担当のディレクターを務めるRitcha Ranjan氏は述べている。

DropboxとGoogleのG Suite

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]