logo

ライナフ、総額3.2億円の資金調達を実施--IoTサービスを拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライナフは1月25日、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、長谷工アネシス、住友商事、FFGベンチャービジネスパートナーズ、三井住友海上キャピタルを引受先とし、シリーズBラウンドで総額3億2000万円の第三者割当増資を実施したと発表した。


資金調達の背景

 今回の調達資金は、不動産サービス事業の拡大に向けた人材採用、カスタマー・サクセス体制の強化、およびマーケティングの拡充にあてる考え。また、事業会社との資本、業務提携を通じて、IoTサービスの拡大を図る。

 長谷工アネシスとは、マンション建設や不動産事業並びに住宅関連サービスへのICT活用について検討していく予定。住友商事には、同社の不動産や販売するマンションへのサービス導入に加え、海外展開の支援を、FFGベンチャービジネスパートナーズには、九州地域での顧客や提携先の紹介等のサポートを期待するとしている。

 今回の資金調達におけるリードVCである伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、および既存投資家である三井住友海上キャピタルからは、企業価値向上に向けた経営体制の強化と、事業機会の創出支援を受ける予定だ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]