logo

C Channel、店舗の購買データから動画コミュニケーションを作成--効果検証まで実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女性向け動画メディア「C CHANNEL」を運営するC Channelは1月25日、電通リテールマーケティングと共同で、店頭の購買データリサーチに基づいた動画コミュニケーションを設計し、効果検証までレポートするRPDCAソリューションの提供を開始したと発表した。


 動画広告を活用した企業のプロモーションニーズの急激な高まりとともに、配信メディアやフォーマットの多様化が進んでおり、メディアの特性や形式に最適化された専用のクリエイティブを制作して展開するプロモーション事例が増加。

 そうした中、スーパーやドラッグストアの購買データがどのように変化したかを動画コミュニケーションの事前事後で検証し、新規ユーザーへのアプローチ、もしくは既存ユーザーへのリピートアプローチなど目的を明確化することで、F1層にとって最適なアプローチを仕掛けるという。

 今回提供を開始する同ソリューションでは、全国1000店舗のID-POSデータを動画コミュニケーションの事前に分析。競合他社との状況を比較し、新規・既存どちらの購買を高めていくかを明確化したのちに、動画コミュニケーションを設計。C CHANNELの特性である分散型を生かし、主要SNSに動画コンテンツを配信した結果、どのような動きが市場に起きたかをレポートする。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]