logo

Twitter、有料の「Premium APIs」を発表、ベータ版をリリース

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2017年11月15日 12時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは、有料版のAPIを含む「Twitter Premium APIs」を発表した。開発者はこれを導入することで、1回の検索リクエストで表示されるツイート件数や、より複雑な検索クエリなど、より多くのデータにアクセスできるようになる。

 Premium APIsは、Twitterの無料版APIとエンタープライズ版APIの中間に位置づけられる。同社は直近の決算報告で、データプラットフォームはとりわけ成長の速い事業だと述べていた。

 Twitterはこれまで、基本的なクエリ機能と基本データへのアクセスを無料で提供し、エンタープライズ向けにはリアルタイムの履歴データを提供していた。Premium APIsの狙いは、これらの隔たりを埋め、無料のAPIからより信頼性の高い有料のエンタープライズ版にアップグレードする道を作ることのようだ。

 Twitterは今回、Premium APIsの第1弾となる「Search Tweets API」のパブリックベータをリリースした。Twitterによると、Search Tweets APIによりTwitterの過去30日分の履歴データにアクセスでき、将来的には全履歴データにアクセスできるようになるという。

 Search Tweets APIを導入すると、1回の検索リクエストで得られるツイート件数が増え、API呼び出し回数の上限も高くなり、複雑なクエリや高度なメタデータを利用できるようになる。Search Tweets APIの月額料金は149ドルからとなっている。

 開発者は、セルフサービス型ポータルにアクセスして、データの使用量を監視したり、サブスクリプションと決済を管理したりできるようになる。


ポータルのダッシュボードでデータの使用状況が確認できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集