logo

インテルが好調決算、メモリやIoT事業が成長--「強力な製品群」アピール

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年10月27日 12時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間10月26日、2017会計年度第3四半期決算(9月30日締め)を発表した。最高経営責任者(CEO)Brian Krzanich氏は、同社の製品ラインアップについて「今までで最も強力だ」と述べている。

 Krzanich氏のこうした楽観的なものの見方は、データと人工知能(AI)や、自動運転車といった市場への注力のみに支えられているわけではない、過去最高の利益に基づいている。

 第3四半期の利益は45億ドル(1株あたり94セント)、売上高は161億ドルで前年同期比2%増となった。非GAAPベースの利益は1株あたり1.01ドルだった。

 データセンター、モノのインターネット(IoT)、およびメモリ事業の売上高はいずれも過去最高となった。

主要事業部門の売上高と増減
主要事業部門の売上高と増減

 第4四半期の見通しについて、Intelは売上高が163億ドル(プラスマイナス5億ドル)、1株あたり利益が80セントと予想している。

 通期では、売上高が620億ドル、1株あたり利益が2.93ドルになると見込んでいる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]