logo

Facebook、実店舗への訪問客をターゲティングできる広告ツールを発表

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年09月22日 10時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間9月21日、広告主向けの新ツールを発表した。このツールは、実店舗を訪れるなど現実世界での行動に基づいて広告主がFacebookユーザーをターゲティングできる機能などを備える。

 それを可能にするのは、Facebookのモバイルアプリを通じて自分の位置情報を同社が追跡できるようにしているユーザーがいるからだ(無効に設定することもできる)。Facebookによると、この店舗追跡ツールは十数カ国で「数千」の企業向けに提供されるという。

 Facebookで製品マーケティングマネージャーを務めるGabriel Francis氏は次のように述べている。「企業はずっと以前から、どうすればデジタル広告によってオフラインの価値を高められるか把握できる手段を求めていた。オフラインこそ、売り上げのほとんどが発生する場所だからだ」


提供:Getty

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]