三越伊勢丹、Tポイントサービスを2018年3月で終了

加納恵 (編集部)2017年08月11日 10時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三越伊勢丹ホールディングスは8月10日、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営する「Tポイント」サービスを2018年3月末で終了すると発表した。

 三越伊勢丹ホールディングスは2015年10月に、Tポイントの付与、利用サービスを開始。CCCと共同出資したマーケティング事業を推進する合弁会社も立ち上げていたが、サービス終了に伴い合弁会社に関する提携契約も終了する。

 今後は三越伊勢丹グループの「エムアイカード」と「エムアイポイント」の利便性を高め、百貨店CRMとカード事業を進めていくとのこと。2018年春から、エムアイカードにプラチナカードや百貨店外のチャネルで発行するクレジットカードに加え、エムアイポイントが使える店舗もグループ外部に拡大していく予定としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加