logo

朝日新聞、集英社、DACがコンテンツマーケティングサービス--企画制作から配信まで

山川晶之 (編集部)2017年05月10日 15時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)、朝日新聞社、集英社は5月10日、2017年1月から本格稼働を始めた「T JAPAN web」の新サービスとして、「TJ BRAND STUDIO」の提供を開始。企業のブランドリフトを促進するコンテンツマーケティングを提供する。

 「T JAPAN」は、ニューヨーク・タイムズ社が米国で発行している「T: The New York Times Style Magazine」の日本版として、2015年3月に朝日新聞社と集英社が共同で創刊。T JAPAN webは、T JAPANのデジタル展開を進めたもので、人気記事や雑誌には掲載されていない記事、編集部が取材して書き下ろしたデジタル限定コンテンツなどを掲載している。

 TJ BRAND STUDIOは、ブランドメッセージと日本市場のニーズに応える社会性、トレンドを組み合わせたコンセプト開発を実施。DACのテクノロジを活用し、T JAPAN webや朝日新聞デジタル、広告主のオウンドメディア、SNSなど各メディアにブランドコンテンツを最適なタイミングで配信する。


 また、こうした施策をソーシャルモニタリングツールやトラッキングツールを活用してレポートすることでPDCAサイクルを生み出し、企業のブランディングに貢献するとしている。なお、クリエイティブディレクターには、T JAPAN編集長の内田秀美氏が就任する。

 今後は、さらにコンテンツマーケティング関連のサービスを拡充し、さまざまなニーズに対応するソリューションの構築を目指すという。

-PR-企画特集