logo

「Googleマップ」など人気アプリ、「Apple Watch」のサポートを次々と終了

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年05月02日 12時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Apple Watch」 で「Googleマップ」をナビゲーションとして使用するのは諦めなければならない。

 複数の人気アプリがApple Watchアプリの提供を終了したようだ。それには、AmazonやeBay、Googleマップ、Target(米国の大手小売チェーン)が含まれる。これに最初に気付いたのは、Apple Insiderだ。同サイトによると、それらのアプリがApple Watchのサポートを終了した時期は不明だが、Googleマップなど、一部は数週間前に削除された可能性があるという。

 Appleとアプリ開発元にコメントを求めたが、回答は得られなかった。それらの企業がなぜApple Watchで自社アプリのサポート終了を決定したのか、そして、Appleがその決定に関与していたのかは不明だ。

 Appleは6月に開催する開発者向け年次会議「Worldwide Developers Conference」(WWDC)でApple Watchのソフトウェアについて話す可能性が高い。さらに米国時間5月2日には決算を発表する。ただし、これまで四半期決算でApple Watchの販売に関する数字を公表したことは一度もない。

 Apple Watchの使用を調査してきたCreative Strategiesのアナリスト、Ben Bajarin氏のツイートによると、「一部のアプリ(ヘルスやフィットネス)はうまくいっているが、その他のアプリは現時点ではApple Watchでの使用に適さないことをずっと前から認識していた」という。

apple watch
Amazon、Googleマップ、eBayなどのApple Watchサポートが終了。
提供:eBay

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集