logo

マイクロソフト、5月2日にイベント開催へ--目玉は「Windows Cloud」か

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年04月13日 07時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、うわさされていた春の発表イベントを米国時間5月2日にニューヨーク市で開催する。教育分野に焦点を絞ったイベントになる見込みだ。

 同社は4月12日、報道機関やアナリストらに招待状を発送した。

Microsoftによるイベントの招待状
Microsoftによるイベントの招待状
提供:Microsoft

 招待状には、開催日と場所以外にMicrosoft EDUイベントに関する具体的な情報は記されていない。しかしこれは、筆者が11日に伝えた「Bespin」というコード名で呼ばれるMicrosoftの春のイベントだと、断言してよさそうだ。

 筆者の情報筋らによると、Bespinイベントは、Microsoftのまだ正式には発表されていない「Windows 10」の「Windows Cloud」版を中心としたものになるという。

 Windows Cloudは、その名称とは裏腹に、クラウドとはほとんど関係ない。Windowsストアからインストールした「Universal Windows Platform(UWP)」アプリのみを実行するために設計されたWindows 10のバージョンで、「Windows RT」に似たようなものだ。

 前にも報じたとおり、5月2日のイベントでは、期待されている「Surface Book 2」は発表されない。「Surface Pro 5」の発表も予定されていないと筆者は聞いている。ただし、スペックを少しアップグレードさせたSurface Pro 5を開発中というのは事実だろう。そして、もしまだ「Surface Phone」の発表を期待している読者がいるならば、あきらめてほしい(リリースされるとしても、筆者の現時点での予測は2018年以降だ)。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集