logo

クアルコムの第1四半期、アップルの訴訟が影落とす

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2017年01月26日 11時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qualcommは米国時間1月25日、2017会計年度第1四半期決算(2016年12月25日締め)を発表した。この日の株式市場の終了後に明らかになった数字は、明暗入り交じるものとなった。

 発表によると、第1四半期の純利益は7億ドル(1株あたり46セント)。非GAAPベースの利益は1株あたり1.19セント、売上高は60億ドルだった。アナリストらは利益を1株あたり1.18セント、売上高を61億2000万ドルと予想していた。

 ただし、今回の決算発表は、Qualcommの主要な収益源の1つが先行き不透明な状態で行われることになった。Appleが中国でもQualcommを提訴したためだ。

 Appleは20日に米国の裁判所に提出した訴状の中で、Qualcommが韓国の規制当局の調査にAppleが協力したことへの報復として、Appleに対する10億ドル近い契約上の支払いを保留していると主張している。

 この訴状には、自社の独占力を用いた商慣行に関する調査を妨害するよう、QualcommがAppleに「強要しようとした」とも記されている。さらに、Qualcommが「不正なライセンスモデル」を構築し、過剰なロイヤルティを要求しているとの主張もある。

 一方、Qualcommの法務顧問Don Rosenberg氏は25日の決算発表前に声明を発表し、Appleが「Qualcommのテクノロジをより安価で利用する」手段として訴訟を利用していると述べ、Appleの主張をはねつけた。

 Qualcommは第1四半期の売上高について、韓国公正取引委員会(KTFC)による調査に関連して発生した8億6800万ドルの費用計上の影響を受けたと述べている。

 第1四半期決算結果のその他の数字は以下の通りだ。

  • MSMチップセットの出荷数:2億1700万ユニット
  • デバイスの売上高:629億ドル
  • 3G/4Gデバイスの出荷数:3億3100万~3億3500万ユニット(概算)

 Qualcommは第2四半期の見通しについて、非GAAPベースの1株あたり利益が1.15~1.25ドル、売上高を55億~63億ドルの範囲と予想している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集