logo

「iPhone」は10年でどう進化した?--初代と最新モデルを比較 - 4/5

CNET staff 翻訳校正: 編集部2017年01月11日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
処理速度

 この10年間、人生はかなり速いペースで進んだ。それは、AppleのiPhoneへのアップグレードも同様だった。Appleは初代iPhoneで使われているプロセッサを正式には一度も明かさなかったが、Semiconductor Insightsが2007年に本体を分解したところ、サムスンの「S5L8900」である可能性が高いことが分かった。その後、iPhoneはApple製の「A10 Fusion」チップを採用するようになり、処理速度が大幅に向上した。
Scroll Right Scroll Left

処理速度

 この10年間、人生はかなり速いペースで進んだ。それは、AppleのiPhoneへのアップグレードも同様だった。Appleは初代iPhoneで使われているプロセッサを正式には一度も明かさなかったが、Semiconductor Insightsが2007年に本体を分解したところ、サムスンの「S5L8900」である可能性が高いことが分かった。その後、iPhoneはApple製の「A10 Fusion」チップを採用するようになり、処理速度が大幅に向上した。

提供: Apple

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]