logo

2017年はAIが大いに飛躍--「実験は終わり、ソリューションへ」 - (page 2)

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年12月22日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自動車は今や走るコンピュータとなりつつあるため、自動車業界が(テクノロジ業界からの競争圧力を受けて)AIを取り入れているのは当然の流れだ。Tesla Motorsなどの企業が開発する自動運転技術は一段と洗練されてきているが、ドライバーがハンドルから手を放すことはまだできない。だが、自動運転技術は2017年に研究段階を終えるだろう。これは、AIスケジューリングボットを手がける企業X.aiのCEOであるDennis Mortensen氏の予測だ。

 高速道路での運転に限られるものの、「本格的な自動運転の構想は10通り以上あり、そこから本当の意味で完全自律の機能が登場するだろう」とMortensen氏は語る。

待ち望まれる進化

 なぜAIは手軽になりつつあるのだろうか。GoogleとFacebookは2016年、中核となるAIプログラムを誰もが使えるオープンソースソフトウェアとして公開した。「Amazon Web Services」は、企業が必要に応じてコンピューティング能力を利用できる代表的なサービスだが、ここにもAIのサービスが追加されている。マウスを数回クリックし、クレジットカードを登録すれば、コンピュータが使えるようになるのだ。

 しかし、コンサルティング企業PricewaterhouseCoopersのチーフテクノロジストChris Curran氏によると、AIの利用はまだ音声認識のような狭い範囲の処理に限定されるという。普遍的なAI、つまり人間の脳に近いものが登場するのは、当分先ということだ。

 Curran氏は「どんな質問をしても答えを見つけてくれるデータサイエンスボットが登場するのは、さらに先の話だ」と述べている。これはGoogleが「Googleアシスタント」で目指している方向性で、同アシスタント機能は2016年にリリースされたチャットアプリ「Google Allo」、スマートスピーカ「Google Home」、スマートフォン「Google Pixel」に搭載されているが、究極のデジタル頭脳にはほど遠い。

最先端技術

 テクノロジ企業各社は、2017年に最先端技術をさらに進化させるだろう。以下にその例を挙げる。

  • セキュリティ専門企業は、ネットワーク攻撃をいち早く高精度で検出できるAIによって機能強化を図る(Druker氏)
  • コンピュータ機器のネットワークが、自身を監視して修復するようになる(NokiaのテクノロジグループリーダーBill Dyer氏
  • 創造性を増すAIシステムによって、顧客向けの広告がデザインされるようになる(小規模な企業が独自のロゴを作成できるサービスを提供するスタートアップ企業Logojoyの創設者Dawson Whitfield氏)
  • ゲーム開発支援ツールを販売するUnity Technologiesは、ビデオゲームの背景に岩を配置したり、ゲーム中のキャラクターを動かしたりするなど、すべての開発作業にAI技術を導入する予定だ。同社に先ごろ入社したAI担当幹部のDanny Lange氏がこれを監督する。
  • スマートフォンでのテキストメッセージの読み上げや、車の衛星ナビゲーションシステムの道順案内で、合成音声ではあるものの有名人の声を忠実に再現した音声が使われるようになる(音声認識を手がける企業Nuanceで自然言語研究の主任エンジニアを務めるPaul Tepper氏)

 いずれは、スマートフォンやテレビに向かって話しかけるのがバカげているとは感じられなくなるかもしれない。「テクノロジとスタイルのバランスを取るため、人がデバイスに話しかけやすくなり、しかもその姿がクールに見えるよう、懸命に取り組んでいる」(Tepper氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]