logo

「アップルの工場を米国に」--トランプ氏がクックCEOに直接要請

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年11月24日 12時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次期米大統領のDonald Trump氏は、「Appleにコンピュータや『iPhone』を中国ではなく米国で製造するよう働きかける」と約束した。そして今回、そのメッセージをAppleの最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏に伝えた。

 The New York Timesは米国時間11月22日、Trump氏にインタビューし、その内容を一問一答形式の記事として23日に掲載した。その中でTrump氏はCook氏と電話で話した内容を明かしている。Trump氏は次のように伝えたという。

 「Tim、私にとって真の業績になるであろうことの1つは、Appleに1つ、または多数の巨大工場を米国内に建設してもらうことだ。中国やベトナムなど他の国々ではなく、ここでApple製品を作ってもらうことだ」

 Cook氏はこう短く答えたとされている。

 「それは私も分かる」

 Trump氏は将来的に実施されるかもしれない税制優遇にも言及した。

 「あなたのために税制優遇措置を設けよう。あなたは私の言ったことを実行するだろう。われわれは非常に大規模な法人減税を検討している。あなたはそれを歓迎するはずだ」

 シラキュース大学の情報学部教授であるJason Dedrick氏によると、Appleが製造を米国に移せば、端末1台あたりの総コストが30~40ドル上昇するという。その原因には、人件費の増加だけでなく、輸送や物流のコスト増大も含まれるという。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集