logo

ソニーが提案する日本の美しさに溶け込む家電--Life Space UX×「和」 - 2/11

加納恵 (編集部)2016年10月29日 10時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 空間デザインは、建築家であり美術家の佐野文彦氏が担当。佐野氏も参加する現代における「茶の湯」のあり方を探求し続けるアート集団「The TEA-ROOM」が空間コンセプトを設計している。

 ガラスの向こうに透けて見える天井には、木製の格子を配置。二重にすることで天井を低く見せる効果があるとのこと。そのほか障子を設けるなど、佐野氏は「誰が見てもわかりやすい日本を表現した」という。
Scroll Right Scroll Left

 空間デザインは、建築家であり美術家の佐野文彦氏が担当。佐野氏も参加する現代における「茶の湯」のあり方を探求し続けるアート集団「The TEA-ROOM」が空間コンセプトを設計している。

 ガラスの向こうに透けて見える天井には、木製の格子を配置。二重にすることで天井を低く見せる効果があるとのこと。そのほか障子を設けるなど、佐野氏は「誰が見てもわかりやすい日本を表現した」という。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]