logo

「iOS 10」を安全にインストールする方法--7つのポイント

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)2016年09月14日 10時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが「iOS」のアップデートをリリースしたと聞いたら、即座に一般設定から「ソフトウェアアップデート」をタップして、「ダウンロードとインストール」に進みたくなる。その誘惑に抵抗しがたいのは、よくわかる。だが、アップデートをダウンロードする前に以下の簡単なチェックをしておくと、その後の状況が大きく変わる可能性がある。

  1. まず、アップデートが実際に入手できるかどうかをチェックする。手持ちのデバイスが「iOS 10」のサポート対象になっていることを確認しよう。サポート対象外の古い機種を使っているなら、新しい「iPhone」または「iPad」を買うときが来たということだ。
    iPad(第4世代)
    iPad Air
    iPad Air 2
    iPad Pro
    iPad mini 2
    iPad mini 3
    iPad mini 4
    iPod touch(第6世代)
    iPhone 5
    iPhone 5c
    iPhone 5s
    iPhone SE
    iPhone 6/6 Plus
    iPhone 6s/6s Plus
  2. データをバックアップしよう。大切な写真や重要なメモを失うリスクは避けたいものだ。バックアップを取る方法については、Appleのサポートページで確認できる(「ヘルスケア」のデータをバックアップしたい場合は、バックアップを暗号化する必要がある)。
  3. 各種アプリのアップデートはたいていバックグラウンドで自動的に実行されるが、確実に行われているかどうかをチェックするのも悪くない。「App Store」アプリを開きし、(画面の右下にある)「アップデート」をタップする。その画面から、アップデート手順を開始できる。
  4. 何らかのパスワード(「iCloud」のパスワードなど)を求められることがあるので、事前に確認しておこう。パスワードがわからないと、ひどく苦労することになるかもしれない。
  5. デバイスを電源に接続しよう。アップデート作業は電源に接続した状態で行う方がいい。途中でバッテリがなくなってしまわないように。
  6. OTA(Over The Air)を利用すると、最も短い時間で、かつ面倒もなく新しいiOSアップデートをダウンロードできる(「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」の順にタップ)。Wi-Fiや高速インターネット接続が利用できる場合はなおさらだ。ただし、それができない場合は、「iTunes」を実行する「Mac」またはPCにデバイスを接続して、そこからアップデートすることが必要になるかもしれない。
  7. iOSデバイスが常に使えないと困るという人は、数日間アップデートしないでおくことを検討しよう。メジャーアップデートに深刻なバグが見つかる場合があるからだ。今後数週間で、iOS 10のマイナーアップデートが数回実施される可能性もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集