LINEモバイルは「脅威」か「追い風」か--MVNO4社が上半期を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モバイル市場に関する調査を実施しているMMD研究所は7月27日、MVNOに関するメディア向けの勉強会を開催した。3回目となる今回は、MVNOとしてサービスを提供する企業の担当者を招き、2016年上半期の動向を振り返るとともに、下半期についても議論が進められた。

 モデレーターを務めたMMD研究所の所長である吉本浩司氏は、同社の調査データを基に、2016年上半期のMVNOの動向について振り返った。同社の調査によると、メインの回線として格安SIM、つまりMVNOを利用しているユーザーは、2015年の春先から急速に伸びており、4月時点で5.6%と、前年比で2倍以上に伸びているとのこと。ワイモバイル(3.3%)を含めると、低価格の通信サービスが9%近くを占めているという。

MMD研究所の吉本氏
MMD研究所の吉本氏
メイン回線としてMVNOを利用しているユーザーの割合は5.6%に拡大しており、ワイモバイルを含めると9%近くに上るとのこと
メイン回線としてMVNOを利用しているユーザーの割合は5.6%に拡大しており、ワイモバイルを含めると9%近くに上るとのこと

 また格安SIMという存在を認知しているだけでなく、各MVNOが提供するサービスやブランドを認知している人の割合が、2016年の年初と比べ急速に伸びているとのこと。一方で、そのサービス内容に関しては理解があまり進んでいないことから、サービス内容をいかに理解してもらうかが、いまMVNOには求められていると話す。

MVNOの認知は高まっており、特に各社のサービスを認知する人の割合は大きく高まっているという
MVNOの認知は高まっており、特に各社のサービスを認知する人の割合は大きく高まっているという

 さらに、5月に同社が調査したデータによると、格安SIM利用者の約半数が1年以内にSIMを契約しており、その8割がスマートフォンで利用しているとのこと。

 しかも、音声通話付きのプラン契約が6割を占めており、そのうちの65%が番号ポータビリティ(MNP)での契約であること、そして「直近でいうとダブルスコアぐらい差をつけて音声通話付きの契約が多い」(吉本氏)ことから、MVNOのサービスをメイン回線で利用するユーザーが急増していることを見て取ることができる。

音声通話付きのプラン契約は6割に上り、そのうち6割はMNPでの契約であることから、メイン回線として利用する人が増えていることがわかる
音声通話付きのプラン契約は6割に上り、そのうち6割はMNPでの契約であることから、メイン回線として利用する人が増えていることがわかる

 ユーザー層に関しても、依然として40代男性がボリュームゾーンとなっている傾向は変わっていないものの、ここ半年で男女20代や、女性30代の伸びが拡大するなど、若い世代の利用が広まっているという。購入ルートもウェブが中心ではあるが、最近はアマゾンを主体としたECサイトや、MVNOの直営店で購入する人の割合が増えているとした。

20代男女や30代女性が急速に伸びており、従来の中心層であった40代の割合は相対的に減少している
20代男女や30代女性が急速に伸びており、従来の中心層であった40代の割合は相対的に減少している
  • このエントリーをはてなブックマークに追加