グーグル、社内スタートアップインキュベーター「Area 120」の立ち上げを計画か

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年04月26日 10時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Alphabet傘下のGoogleが、社内スタートアップインキュベーターを立ち上げようとしているとThe Informationが報じている。優秀な技術系人材のシリコンバレーの新進気鋭企業への流出防止を図れるかもしれない。

 このインキュベーター部門は「Area 120」という名称で、Don Harrison氏とBradley Horowitz氏が統括するという。従業員のチームは、事業計画に基づいて同プログラムへの参加が認められ、プロジェクトの資金を社外から調達したり、Google傘下の企業を設立したりすることができる。

 従業員はGoogleの「特別プロジェクト」にフルタイムで従事できるようになる。Googleの従業員は勤務時間の20%を新規プロジェクトに充てることができるが、これによって「Gmail」やその他の広く使われるGoogleサービスが誕生している。

 技術業界では、好条件の待遇に誘われて人材が次から次へと企業を渡り歩くケースが多く、従業員維持の問題が広く議論されている。インキュベーターを設立すれば、優秀な人材がGoogleの下で働き続けようと考える大きな理由になる可能性がある。

Googleが、社内スタートアップインキュベーターを立ち上げようとしているとThe Informationが報じている。
提供:File photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加