logo

電通、デジタルマーケティングに特化した新会社--コンサルから運用まで一括提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通は4月19日、デジタル領域における成長戦略を加速させるため、7月1日付で、デジタルマーケティング専門の新会社「電通デジタル」を設立すると発表した。

 電通デジタルでは、デジタルマーケティングに関する「コンサルティング」「開発・実装」「運用・実行支援」を提供。電通グループ各社と連携。既存の広告市場に加え、拡大するデジタルマーケティング市場の需要取り込みを狙う。

 主な事業領域は、顧客企業のデジタルトランスフォーメーション支援、見込み客の発見と顧客獲得からCRMまでのカスタマージャーニーにおける統合ソリューションの提供、ならびにそれらを支えるプラットフォームの構築の支援。また、投資活動や技術開発、デジタルマーケティング人材の育成にも力を入れるとしている。


新会社が提供する主なサービス

 代表取締役CEOには大山俊哉氏(現:電通執行役員)、代表取締役社長COOには丸岡吉人氏(現:電通デジタルマーケティングセンター長)が就任する。電通本社内組織である「デジタルマーケティングセンター」のほか、電通の100%子会社である電通イーマーケティングワン、同じく100%子会社のネクステッジ電通が合流する。

 電通の広報担当者に今回の新会社設立について聞いたところ、デジタルマーケティングセンターと電通イーマーケティングワン、ネクステッジ電通の3社は、元々密接に連携しており、各社が得意とするデジタルマーケティングソリューションを展開しているという。デジタルマーケティングセンターを母体に2社が合流することで、より効率的な事業展開が可能になるとしている。また、今のところ他のグループ企業が加わる予定は無いようだ。

-PR-企画特集