グーグル、「Project Shield」を正式にスタート--DDoS攻撃からニュースサイトなどを保護 - (page 2)

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年02月26日 10時50分

 Project Shieldは、「Google Cloud Platform」でホスティングされたリバースプロキシを利用しており、各ウェブサイトはトラフィックをGoogleのインフラに導くことができる。そこで悪意のあるトラフィックを排除し、サーバ上にコンテンツをキャッシュしてからトラフィックを「取り込む」。

 Googleは、オンラインニュースパブリッシャー、人権団体のウェブサイト、選挙監視団体のウェブサイトからの申請を受け付ける。さらに、申請された内容を手作業で精査して、スパムやマーケティングコンテンツを含むサイトを除外する。

 Googleは、保護対象のウェブサイトには広告を配信しないと述べており、このサービスを利用してもウェブサイトの広告ターゲティング機能や広告データ解析には影響がないとしている。

 加えて、実際にSSLを有効にしている世界の数少ないニュースサイトのため、Project Shieldはこのセキュリティ機能に対応している。

 だが、このサービスは運用上の理由から、ウェブサイトのトラフィックメタデータとウェブトラフィックログを収集する。ただしGoogleは、Project Shieldでは検索結果を改善するためにデータを収集するのではないと述べている。

Google Cloud Platformのリバースプロキシを利用してDDoS攻撃を防ぐProject Shield
Project Shieldサービスは、Google Cloud Platformのリバースプロキシを利用し、DDoS攻撃を防ぐ。
提供:iStock

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]