苦労の末に見いだした立体機動の表現--コーエーテクモ「進撃の巨人」完成披露会

佐藤和也 (編集部)2016年02月12日 11時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 関係者とゲストを招いた完成発表会が開催された。

 関係者とゲストを招いた完成発表会が開催された。

 コーエーテクモゲームスは2月11日、2月18日発売予定のPS4/PS3/PS Vita用ゲームソフト「進撃の巨人」の完成発表会を開催した。

 本作はアニメ「進撃の巨人」の独特な世界観を再現したタクティカルハンティングアクションゲーム。巨人に立ち向かう主人公のエレンたちの戦いを描いたタイトルで、巨人と戦うための装備の立体機動装置を使った、大空を自由に飛びまわる高速移動の爽快感と、仲間とともに敵を討つ共闘アクションが楽しめるという。また、新たに開発したビジュアル表現である“物理トゥーンシェーダー”によって、アニメの世界でキャラクターを操作しているようなプレイ画面が表示される。

 発表会では開発陣によるあいさつのほか、お笑い芸人のゲストを招いてのデモプレイを実演。また有料ダウンロードコンテンツ(DLC)情報や、同機種間のオンラインプレイが可能となる無料のオンラインパッチが配信されることが発表された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加