Twitter、「お気に入り」の星アイコンを「いいね」のハート型に変更

Terry Collins (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2015年11月04日 10時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間11月3日、ツイートへの賛意を表すのに使われるお馴染みの星アイコンを、ハート型のアイコンに変更すると発表した。今後は「いいね」を意味するハート型アイコンを使うと、ユーザーはまた、Twitter傘下の「Vine」の6秒動画をお気に入りに加えることもできる。これと同様の機能は、Twitterのライブストリーミング「Periscope」ですでに提供されている。

Twitterはハートの方が星より良いと考えている。
Twitterはハートの方が星より良いと考えている。
提供:Twitter

 Twitterのハート型アイコンへの移行は、Twitterがその文化的妥当性にもかかわらず主流のオーディエンスから歓心を買うのに苦労している時期に発表された。Twitterはまた、サービスをよりシンプルで使いやすいものに、ひいては、ユーザーと広告主にとってより魅力的なものにする方法を模索している。

 Twitterのプロダクトマネージャーを務めるAkarshan Kumar氏は、3億2000万人のTwitterユーザーはたくさんのものを好むかもしれないが、「すべてがお気に入りになるわけではない」と述べた。同氏は、星型は混乱させる可能性があり、新しいユーザーにとっては特にそうだと指摘した。

 「これに対し、ハートは、言語、文化、地域を越えて共鳴する普遍的な記号だ。ハートは表現力がより豊かなので、さまざまな感情を伝え、他者と容易につながることができる」(Kumar氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加