logo

「Android」から「iPhone」に乗り換える人が増加--大型スクリーン採用が後押しか

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年10月29日 11時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Android」は依然としてスマートフォン市場で首位を維持しているが、これまでより多くのユーザーをAppleに奪われてもいる。

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏が米国時間10月27日に述べたところによると、前会計四半期に「iPhone」を購入した全ユーザーの30%は、Androidスマートフォンからの乗り換えだったという。それにより、売り上げと利益が予想以上に増えた。さらに、Appleは3年前にAndroidからiPhoneへの乗り換え率に関するデータ測定を開始したが、30%というのは過去最高の数字だ。

 Androidは世界スマートフォン市場で今もiPhone以上のシェアを保持しており、サムスンはAppleを上回る出荷台数と市場シェアを記録し続けている。しかし、2014年に「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」がリリースされてから、iPhoneに乗り換えるAndroidユーザーが増えていることにアナリストは気づいた。それらのiPhoneは、Androidスマートフォンの主要な利点の1つ、つまり大型スクリーンを取り入れている。

 Androidからの乗り換えは、Appleが12月締めの四半期にiPhoneの売り上げと販売台数の増加を予想している主な理由の1つだ。大型スクリーンを搭載するiPhone 6とiPhone 6 Plusは同社の歴史上最大のベストセラーになっており、Appleが3四半期前、株式公開企業として「記録的」な四半期利益を達成するのに貢献した。Appleはもうそれ以上の偉業を成し遂げることはできないかもしれない、との懸念がこれまであった。

 Kantar Worldpanel ComtechのリードリサーチャーであるCarolina Milanesi氏によると、AndroidからiPhoneへの乗り換えというトレンドは、特に米国外で顕著だという。

 「中国では、大型スクリーンが極めて大きな牽引役になっていることは間違いない。9月締めの四半期にiPhoneを購入したユーザーの56%は、Androidからの乗り換えだった」(Milanesi氏)

 さらに、Androidの世界はサムスンへの一極集中が進んでおり、以前よりブランドの選択肢が少なくなっている、とMilanesi氏は付け加えた。

 しかし、サムスンの市場シェアと売り上げの縮小は同社に打撃を与えている、とWarwick Business SchoolのAleksi Aaltonen氏は述べた。

 「Appleはスクリーンサイズなど、フラッグシップAndroidスマートフォンのさまざまな機能を戦略的に取り入れ、その一方で、独自のエコシステムと製品ポートフォリオを着実に構築してきた。ハイエンドスマートフォンの購入を検討している人にとって、現時点では、iPhoneとAppleのエコシステムが圧倒的に最も安全な選択肢だ」(Aaltonen氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集